ORI☆姫隊サポーターズクラブ  info@orisupporters.club
ORI☆姫隊サポーターズクラブ
世界で唯一の被災地復興支援
ボランティア

アイドルグループを
応援するクラブです
ORI☆姫隊サポーターズクラブ設立
東日本大震災の直後、復興支援を目的に立ち上がった被災地の女の子たち。ガールスカウトのようなアイドルグループ「みちのく仙台ORI☆姫隊」の社会貢献活動を応援する後方支援隊【ORI☆姫隊サポーターズクラブ】が設立されました。被災地の少女たちの成長を見守りながら、彼女たちが社会問題に向き合いひたむきに活動する姿を、ぜひみなさん応援してください!
ORI☆姫隊サポーターズクラブ会員になって、世界中をこどもたちの笑顔でいっぱいにしましょう!
2018年7月20日で、ORI☆姫隊は結成8周年です。丸7年の復興支援活動を通じてORI☆姫隊が感じていることは、復興にむけての諸問題は、広い意味で復興に関わらず社会に散在し横たわっている課題に他ならない、ということです。
これまでのORI☆姫隊の活動の成果を活かし継続させ、この活動を通じて世界平和の実現に少しでも近づいていけるようにみなさんで歩んでいきたいと思います。
ORI☆姫隊サポーターズクラブ会員になって、世界中をこどもたちの笑顔でいっぱいにしましょう!
2018年7月20日で、ORI☆姫隊は結成8周年です。丸7年の復興支援活動を通じてORI☆姫隊が感じていることは、復興にむけての諸問題は、広い意味で復興に関わらず社会に散在し横たわっている課題に他ならない、ということです。
これまでのORI☆姫隊の活動の成果を活かし継続させ、この活動を通じて世界平和の実現に少しでも近づいていけるようにみなさんで歩んでいきたいと思います。
ORI☆姫隊サポーターズクラブ
会長 佐藤 悟

What's ORI☆HIMETAI?
復興支援アイドルみちのく仙台ORI☆姫隊公式HP

これまで海外(ベトナム2回、フランス、タイ、台湾、韓国、カタール)では、東日本大震災の義援金の御礼ステージ&募金活動と震災パネル展示、また多言語での防災講演会なども開催しています。ORI☆姫隊メンバーは震災復興を通じて国際親善の架け橋として活躍しています。
被災地のこどもたちだから出来る防災減災活動。ORI☆姫塾という授業で、避難訓練や防災マイマップ制作、非常用持ち出しリュックを発案、手作り天水桶を作る等、その活動は2016年4月日本外務省広報「JAPAN VIDEO TOPICS」で6カ国(英語、中文、仏語、アラビア語、スペイン語、ポルトガル語)に翻訳され、世界200カ国に紹介されています。
第3回国連防災世界会議、仙台防災未来フォーラム等に参加し、「こども防災」をテーマに講演会を行っている。中東カタールでは、英語とアラビア語でORI☆姫隊が防災講演会を行っている。
地元宮城県、仙台市の防災イベントに積極的に参加。「救護の達人コンテスト」に参加し、AEDを使った心肺蘇生法を学び、さまざまなマスコミで情報発信しています。
仙台市一日消防局長委嘱(2017.3.1)/仙台東警察署1日警察署長全メンバー12名任命(2017.12.15)/その他、秋の交通安全、年末年始の交通安全運動などに協力しています。
農業復興支援プロジェクト
2016年JAみやぎ登米青年部とコラボ「環境保全米まぼろしのササニシキORI☆姫米」を製造。毎月1回登米の田んぼに訪れ、種もみ~稲刈り~精米すべての工程に関わる。製品はORI姫隊のチャリティグッズとして販売(ネパール学校支援)。JA登米では「ふるさと納税」の商品として活用しました。
山形県尾花沢市にて、「雪害」に悩まされている地域の雪堀ボランティア活動。高齢者や、障がいをお持ちの方々のご自宅の積雪3mの雪かきを年一回行っています。
ボランティア活動の楽しさも拡げようと取り組んでいます。
被災地に行き、物資と義援金をお届けしています。
被災地のこどもたちだから出来る防災減災活動。ORI☆姫塾という授業で、避難訓練や防災マイマップ制作、非常用持ち出しリュックを発案、手作り天水桶を作る等、その活動は2016年4月日本外務省広報「JAPAN VIDEO TOPICS」で6カ国(英語、中文、仏語、アラビア語、スペイン語、ポルトガル語)に翻訳され、世界200カ国に紹介されています。
みちのく仙台ORI☆姫隊について
みちのく仙台ORI☆姫隊は、東日本大震災(2011.3.11)で被災した宮城県沿岸部に住む、村田淑恵(むらたよしえ:(一社)JASIA 代表理事)の呼びかけで、2011年7月20日被災地の女の子たちが集まり立ち上がったボランティアアイドルグループ。
被災地子女教育を基本に復興と社会貢献を行なう目的で作られた。
結成後、3つの全国ご当地アイドルコンテストで優勝。
(優勝賞金全額被災地に寄付)。2013年から環境省プロジェクト公式PR大使に任命され、東北被災地環境保全活動に取り組む。被災地のこどもたちの自らの体験を活かした「ORI☆姫隊こども防災教育活動」は、外務省日本広報「JAPAN VIDEO TOPICS」で、6か国語に翻訳され世界200カ国に紹介されている。
被災地の医療、児童養護福祉施設の支援活動には特に力を注いでいる。
熊本、ネパール、台湾などの国内外の自然災害支援活動においては、義援金・物資の応援とともに、ネパールに鉄筋コンクリート校舎建設応援を行ない「ORI☆HIMEクラスルーム」が完成。
現在も復興への課題に取り組みながら、意欲的にさまざまな復興社会貢献イベントを開催。
ステージ後の「チャリティグッズの売上金」と「ORI☆姫募金」は、全額幅広く社会貢献活動に活用している。

ORI☆姫隊にどんな活躍を期待されているのか?
・災害のあった場所、人、などタイミングに合わせ、今必要なものをどこに、この人へメンバーが直接手渡しいたします。
・復興に関わる問題を、現場で発見し実行部隊として取り組む。
・災害弱者(障がい者、高齢者、こども、動物)の災害支援&応援を通じ社会問題に取り組む。
・世界のこどもたちが笑顔で平和に暮らせる社会の実現に向けて活動している。
・東日本大震災の経験を無駄にしないように、明るい未来に向けて力強い社会の実現を目指す。
ORI☆姫隊が災害復興支援活動で気づいた問題と課題
震災遺児 東日本大震災の遺児のみならず、世界中に助けを求めているこどもたちがいます。
復興公営住宅 仙台市では仮設住宅の住民は0になりました。しかし第2の人生を送るための災害公営復興住宅に住む方がたの、新しい町作りや、ご高齢者のコミュニティ形成、ペットとの共生など様々な課題があります。
こども防災 0歳児の避難訓練を提唱
東日本大震災の経験を活かし、こどもたちが減災防災意識と、知識を身に着け「自分の命は自分で守る」ことが実現できるように未来に向けた力強い取り組みが必要です。
環境保全 被災地の環境保全活動が、社会全体に汎用できるものとしてノウハウを活かすこと。
防潮堤建設 こどもたちが遊ぶ海岸や、景観、環境破壊問題。
高齢者障がい者 災害でご家族を亡くされた方々の精神的支援、一人暮らし、老々介護等、マンパワーの問題を含め、10代の少女たちの笑顔と応援を活用することが大切です。
こころのケア 長期に取り組まなければならない
風評被害 福島から北関東地区をはじめ、広域に渡る問題。正しい知見を広められるようにする。実際に、農林水産業・観光など様々な産業界、健康面に関しても正しい知見を広められるようにする。
防潮堤建設 こどもたちが遊ぶ海岸や、景観、環境破壊問題。
ORI☆姫隊のこれまでの活動経歴
http://orihimetai.com/img/index/data/katsudo_ad201805.pdf
ORI☆姫隊にどんな活躍を期待されているのか?
・災害のあった場所、人、などタイミングに合わせ、今必要なものをどこに、この人へメンバーが直接手渡しいたします。
・復興に関わる問題を、現場で発見し実行部隊として取り組む。
・災害弱者(障がい者、高齢者、こども、動物)の災害支援&応援を通じ社会問題に取り組む。
・世界のこどもたちが笑顔で平和に暮らせる社会の実現に向けて活動している。
・東日本大震災の経験を無駄にしないように、明るい未来に向けて力強い社会の実現を目指す。
Dateエフエム仙台毎週土曜日21:30~ 
ORI☆姫隊の災害復興支援ラジオ番組
【ORI☆らじ】

例えば、皆様からのご支援があれば

国内外の自然災害の被災地に
義援金・物資
歌とダンスと笑顔と元気
直接お届けします

被災地の子供たちが自ら行う
こども防災教育
被災地環境保全活動
災害弱者福祉支援活動に活かします


被災地のこどもORI☆姫隊メンバーと
震災遺児や家庭環境にめぐまれない児童
の育成支援
重度心身障がい者や高度医療患者さんの

応援活動に活かします
被災地のこどもORI☆姫隊メンバーと
震災遺児や家庭環境にめぐまれない児童
の育成支援
重度心身障がい者や高度医療患者さんの

応援活動に活かします

復興庁復興大臣感謝状受賞(2018.7.26)

 
環境省「東北の絆」賞受賞(2015.2.15)

ORI☆姫隊が応援してきた方たち

【サンタガールズプロジェクト】
毎年12月はサンタ募金を行い、被災地の児童養護施設、重度心身障がい者施設、高齢者施設、震災遺児の応援を行い、ORI☆姫隊メンバーがサンタコスチュームで施設に訪れ歌と踊りと笑顔と、募金を活用したプレミアムサンタガールズプレゼントをお届けする活動
毎年11~12月に被災地内5~7か所訪問
郡和子市長、奥山恵美子前市長なども募金していただいています
思いのリレー方式チャリティイベント
「復興 i-LAND 」を全国で開催
第1回目は仙台で開催
2014年9月
第1回目募金お届け 宮古市長&宮古祭り実行員会へ
思いのリレー方式チャリティイベント
「復興 i-LAND 」を全国で開催
第2回目は東京上野で開催
2015年9月
第2回目募金お届け 大船渡前市長へお渡し
思いのリレー方式チャリティイベント
「復興 i-LAND 」を全国で開催。
第3回目は石巻市牡鹿で開催
2014年9月
第2回目(東京上野で開催)の募金のお届け 仮設店舗おしかのれん街会長へお渡し
思いのリレー方式チャリティイベント
「復興 i-LAND」を全国で開催
第4回目は福島県いわき市で開催
第3回目石巻牡鹿開催の募金は、『いわき市東日本大震災遺児等支援事業基金』へ寄附
熊本地震の支援
2016年4月発災1週間後、物資と義援金を積み片道24時間をかけてお届け。その後5回に渡って支援を継続
熊本地震支援金&支援物資お届け

第6回復興i-LANDの募金は、熊本県安永仮設住宅へこどもたちの遊具購入のため寄付
台風10号岩手県岩泉町仮設住宅、安家地区に物資とパフォーマンスをお届けしています

震災直後から、仮設店舗、仮設住宅の応援を行っている。全国アイドルコンテストの優勝賞金を全額被災地に寄付
※画像は南三陸町さんさん商店街
被災地沿岸部の防風防災林植樹活動と寄付
福祉施設のリクリエーション大会のお手伝いや、地域の保育園などの施設の応援

思いのリレー方式チャリティイベント
「復興 i-LAND 」を全国で開催。
第3回目は石巻市牡鹿で開催
2014年9月
第2回目(東京上野で開催)の募金のお届け 仮設店舗おしかのれん街会長へお渡し

これまで多くの方たちとともに活動してきました

ORI☆姫隊主催
「防災環境保全eco復興 i-LAND」では
村井宮城県知事に名誉顧問にご就任いただきました
震災遺児・児童養護施設の応援活動では郡和子仙台市長から募金にご協力をいただきました
復興支援の目的で
サンドウィッチマンさんの番組
「東北魂TV」に出演致しました
復興支援の目的で
サンドウィッチマンさんの番組
「東北魂TV」に出演致しました
ネパールのこどもたちからの手紙
マイディ村ダーディン地区 在住 エミリー(12歳)

私達の村では、2016年のネパール地震で多くの家屋が倒壊しました。私たちの学校の校舎も壊れ、トタン屋根の下で多くのこどもたちが勉強をしています。雨が降れば地面が泥だらけです。でも地震が来ても壊れないように鉄筋コンクリートの校舎が完成してとてもいれしいです。
たくさん勉強ができるようになりました。去年の5月には「ORI☆HIMEクラスルーム」の学生たちが避難訓練をすることができました。
最近は、この教室で絵を描く方法を教えてもらいました。
地震が来てもおびえることがなくなりました。私はいま毎日学校で勉強しています。
これからも勉強を続けて、大人になったら先生になれたらいいなと思います。
本当にありがとうございました!
ORI☆姫隊のおねえさんたち、今度絶対に私たちの学校に来て、歌って踊ってください。 

2017年3月30日 エミリー

みちのく仙台ORI☆姫隊復興支援プロジェクトを支援する
一般・法人での年会費をご自由にお決めください。
継続的なご寄付により、長期的短期的な視野でORI☆姫隊メンバーと、復興と社会貢献活動を支援できるプロジェクトです

ORI☆姫隊サポーターズクラブ 年会費 ①一般 5,000円/口  ②法人 30,000円/口

【支援お振込先】
■三井住友銀行 [店名] 仙台支店 [普通] 2278455
■ゆうちょ銀行 [店名] 八一八 [店番] 818  [普通] 42397361
■ゆうちょ銀行 [記号] 18150  [番号] 42397361

【口座名義】
■オリヒメタイサポーターズクラブ カイチョウ サトウサトル
ORI☆姫隊サポーターズクラブ 会長 佐藤 悟

資料請求とお問い合わせ寄付のお申込み

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

よくあるご質問

ORI☆姫隊を支援して会員になったら何か特典があるのですか?
ORI☆姫隊復興支援プロジェクトで活動している様々なボランティア活動の成果を、メールやブログ等でお知らせいたします。
寄付をしたら領収書はもらえますか?
支援お申込みの際にお知らせいただければ発行いたします。
会員になったら、ORI☆姫隊メンバーと一緒にボランティア活動はできますか?
活動内容によっては、事前に公式発表いたしますのでぜひご参加ください。
会員になったら、ORI☆姫隊メンバーと一緒にボランティア活動はできますか?
活動内容によっては、事前に公式発表いたしますのでぜひご参加ください。